作品紹介・あらすじ 警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある

あらすじ

『警察発表』に真実はあるのか
<昭和64年>に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件をめぐり、刑事部と警務部が全面戦争に突入。狭間に落ちた広報官・三上義信は己の真を問われる。怒濤の展開、驚愕の傑作ミステリー!

翔子ちゃん誘拐殺人事件──
D県警の管内で初めて起きた本格的な誘拐事件。昭和64年1月5日にお年玉をもらってくると言い残して昼過ぎに自宅を出た雨宮翔子は、近くの親類宅に向かう途中、忽然と姿を消した。身代金2千万円を奪われ、雨宮翔子は無残な死体で発見された。犯人不詳。
映画情報

映画『64-ロクヨン- 前編/後編』

2016年連続ロードショー 前編 5月7日 / 後編 6月11日

キャスト:
佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/椎名桔平/滝藤賢一/奥田瑛二/仲村トオル/吉岡秀隆/瑛太/永瀬正敏/三浦友和 ほか
監督:瀬々敬久
©2016映画「64」製作委員会
映画「64(ロクヨン)」
著者プロフィール
横山秀夫

横山秀夫

1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞社に入社。12年間の記者生活を経てフリーライターとなる。

D県警シリーズ

画像をクリックすると大きく表示されます。 クリックで大きく表示されます
1991年
『ルパンの消息』第九回サントリーミステリー大賞佳作
1998年
陰の季節』第五回松本清張賞
2000年
動機』第五十三回日本推理作家協会賞・短編部門
2012年
『第三の時効』この警察小説がすごい!ALL THE BEST1位
そのほか
『半落ち』
『顔 FACE』
『深追い』
『真相』
クライマーズ・ハイ
『影踏み』
『看守眼』
『臨場』
『出口のない海』
『震度0』 など
『陰の季節』書影 『動機』書影 『クライマーズ・ハイ』書影