解説

動き出した壮大な世界の謎を括目せよ

『黄金の烏』 (阿部智里 著)

解説吉田 伸子|書評家

 わ~~~、こう来るのか!

 本書は『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』に続く、“八咫烏シリーズ”の第三作である。“八咫烏シリーズ”とは、八咫烏が住まう異世界「山内」を舞台にした王朝ファンタジーだ。八咫烏といっても、その常態は人形(じんけい/人間の姿のこと)であり、時と場合により鳥形(ちょうけい)に変身できる、という設定だ。

 シリーズ第一作の『烏に単は似合わない』は、二〇一二年、第一九回松本清張賞受賞作であり、阿部さんのデビュー作でもある(ちなみに、松本清張賞は、第一一回以降、それまでの推理小説または歴史・時代小説を対象としたものから、長編エンターテインメント作品へと募集作のジャンルを変更した。以後の受賞作家から、山本兼一氏、葉室麟氏、青山文平氏という直木賞受賞作家を輩出していることからも分かるように、エンターテインメント作家への登竜門としては、トップクラスの賞であり、阿部さんは松本清張賞史上、最年少での受賞である)。

 次代の「金烏」となる若宮の后選び、がテーマだった第一作では、お后候補として集められた良家の子女四人のドラマが描かれていた。女子小説としてはもちろんのこと、ミステリとしても、よく練られた物語で、ファンタジーが松本清張賞? と思った人でも、一読、納得のクオリティだった。

 続く第二作『烏は主を選ばない』は、若宮のお后選びがテーマだったにもかかわらず、肝心の若宮本人は前面に出てこなかった第一作を受けての物語。若宮はその間なにをしていたのか、が描かれている。“八咫烏シリーズ”全体としては、第一作と第二作が前日譚のようなものであり、登場人物たちの人間関係やキャラを読者に提示した、という形だった。

 さぁ、舞台は整った。ここから“八咫烏シリーズ”はどこに向かうのか? わくわくしながら本書を読み始め、読み終わった時に真っ先に思ったのが、冒頭の一文である。同時に、ついに動き始めたか! とも。

 序章で描かれるのは、いわゆる庶民層の娘の哀しいエピソードだ。前二作はいわゆる宮廷=貴族階級である宮烏たちの世界が描かれていたのに対し、娘は酒場で働かねばならない身の上。「山内」という世界の新たな側面が描かれているのだ。

 そこから転じて、第二作で若宮とともに、対立する朝廷勢力に立ち向かっていた雪哉が、実家がある北領の垂氷郷に戻っている場面から、物語は始まる。雪哉には腹違いの兄と弟がいる。亡くなった雪哉の母は、北家当主の娘という高位にあったため、垂氷郷の郷長である父の後継問題が複雑化しそうになったのを、雪哉は自分の能力を過小に見せることで回避していた。実家に戻ってきたのも、ぼんくらで宮仕えが務まらなかった、というのが雪哉の言い分だが、そのことが雪哉の作り話であることを、義母は見抜いているし、兄もうっすらと察している。とはいえ、雪哉が垂氷郷に帰りたかったのは、権謀術数渦巻く朝廷にいることに嫌気が差したこと、自分の故郷である垂氷郷と、そこで暮らす家族を何よりも大事にしたいと思ったことからだった。

【次ページ】

黄金の烏
阿部智里・著

定価:本体670円+税 発売日:2016年06月10日

詳しい内容はこちら

関連ワード
おすすめ記事
新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら