文春写真館
植村直己の犬橇の冒険

植村直己の犬橇の冒険

 昭和五十三年(一九七八年)、冒険家植村直己は犬橇(いぬぞり)で北極点を目指す旅にでかけた。

〈極点への道は、北のほうに吹き流れている雪紋が教えてくれる。一路北へ、橇は快調に走った。極点に立つ喜びも大きいかもしれないが、それより、目の前で犬たちが元気よく走ってくれるのが実にうれしい。きびしい旅で痩せてしまった犬たちが、懸命に橇を曳いてくれるのを見ていると、ありがたいという思いでいっぱいになる〉(写真集『植村直己記念館』文藝春秋編より)

 この写真は途中同行した小社の安藤幹久カメラマンが撮影。四月二十九日に念願の北極点に到達した。

 植村直己は昭和十六年(一九四一年)生まれ。日本人初のエベレスト登頂を含め、世界で初めて五大陸最高峰に登頂。昭和五十九年(一九八四年)二月、北米マッキンリーに単独登頂後、消息を絶った。

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004
関連ワード
新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら