文春写真館
藤沢秀行の日々これ勝負

藤沢秀行の日々これ勝負

 しゅうこう先生と人は呼ぶ。大正十四年(一九二五年)生まれ。九歳で日本棋院の院生となる。昭和三十七年(一九六二年)第一期名人位を獲得。

 棋聖戦六連覇の偉業を達成した後、五十代後半で胃がんを宣告され、胃を四分の三切除したが、好きな酒もタバコもやめなかった。闘病後、史上最高齢の六十六歳でタイトルを獲得(王座)するなど、強さと個性で際立ち、終生のライバル坂田栄男との対決は多くのファンを魅了した。

 また、競馬、競輪などギャンブルにも造詣が深く、莫大な借金を抱えながらも、破天荒な生き方は囲碁界ばかりでなく、幅広い層から愛された。

〈盤に相手と相対して戦うのが勝負じゃないんです。日々これ勝負、日常座臥が勝負なんです。ところが、多くの人は碁を打つときが勝負で、勝ちたい、勝ちたいと思うんですね〉(「週刊文春」平成十一年=一九九九年八月二十六日号「阿川佐和子のこの人に会いたい」より)

 平成二十一年没。

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004
関連ワード
新着記事 一覧を見る RSS

登録はこちら