美の迷宮を旅する

コー・イ・ヌールをご存知ですか。巨大なダイヤモンド。ペルシャ王は「コー・イ・ヌール」(光の山)と叫び、持ち主はムガール帝国皇帝、東インド会社と移り、現在は英国王室に。この伝説の宝石を皮切りに、永仁の壺事件の加藤唐九郎など、山田和さんは、美に魅せられた人々の数奇な運命を克明にたどります。

更新毎月1回 著者プロフィール

記事一覧

登録はこちら