Loading...

『羊と鋼の森』

宮下奈都

著者コメント

著者写真

1967年1月2日生まれ、福井県福井市出身。89年上智大学文学部哲学科卒業。2004年、3人目の子供を妊娠中の36歳の時に初めて書いた小説「静かな雨」で第98回文學界新人賞佳作に入選、デビュー。
〈作品〉『スコーレNo.4』2007年光文社刊。『遠くの声に耳を澄ませて』09年新潮社刊。『よろこびの歌』09年実業之日本社刊=第26回坪田譲治文学賞候補。『太陽のパスタ、豆のスープ』10年集英社刊。『田舎の紳士服店のモデルの妻』10年文藝春秋刊。『メロディ・フェア』11年ポプラ社刊。『誰かが足りない』11年双葉社刊=12年第9回本屋大賞7位。『窓の向こうのガーシュウィン』12年集英社刊=第28回坪田譲治文学賞候補。『つむじダブル』(小路幸也氏との共著)12年ポプラ社刊。『終わらない歌』12年実業之日本社刊。『はじめからその話をすればよかった』(エッセイ集)13年実業之日本社刊。『ふたつのしるし』14年幻冬舎刊。『たった、それだけ』14年双葉社刊。『神さまたちの遊ぶ庭』(エッセイ集)15年光文社刊。

いつも本当にありがとうございます。
私は、小説を書くことが好きで、書くこと自体によろこびを感じながら十年余り書き続けてきました。でも、この『羊と鋼の森』には、それだけではない、もっとはっきりした手応えのようなものを感じました。
もしかするとこれは私だけのよろこびではなく、読んでくださった方にも響くよろこびなのではないか。おこがましくも、そう思いました。
すると、俄然、この本をひとりでも多くの方に手に取っていただきたい、という強い気持ちが芽生えました。
大事な本が読者に届く、その最前線におられる方々に応援していただけるというのは、何より心強い支えです。
心から感謝しております。 どうか、今後とも宜しくお願い致します。

あらすじ

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。
「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」
ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

推薦コメント

なんて美しい小説なんだろう。僕が今まで読んだどの小説よりも美しかった。 (広島県・廣文館本部・江藤宏樹さん)

ここに読書の喜びがある。読書でこんなに幸せになれるとは思わなかった。
この幸せを一人でも多くの人に感じてもらいたい。 (千葉県・浅野書店・大宮和子さん)

静かで、美しくて、どこか荘厳で。
正直なところ、私の中での直木賞はこの作品でした。
折に触れて、何度でも読み返したい大切な一冊です。 (東京都・文教堂書店代々木上原駅店・富田結衣子さん)

自分の本当にやりたかったことは何か、原点を鮮やかに思い出させてくれる作品だ。 さあ、恐れるな、世界を恐れるなと背を撫でてくれる一冊。
(富山県・文苑堂書店福田本店・野坂美帆さん)

一生をかけたいもの、目標としたいひと、尊敬する先輩、叶えたい夢。
私にも、ある。頷きながら、森を歩んだ。
仕事をこれからする人にも、何かに行き詰っている人にも、手に取ってほしい。 (京都・ジュンク堂書店池袋本店・福岡沙織さん)

書籍カバー 『羊と鋼の森』宮下奈都

定価:1500円+税
判型:四六判